Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

寝る前にスマホを触ってしまう人はストレスを溜め込んでる?3つの対処法で睡眠を取り戻そう

f:id:ruichaosmyth:20200322110920j:plain

「睡眠こそ最強」

わかってはいるのですが、スマホSNS散策をしたり、ゲームに熱中してしまったり、睡眠を疎かにしてしまうものです。

一方で、眠る時は気持ちを切り替えて、すんなり眠ってしまう人もいます。一体この違いはどこから生まれてくるのか?その疑問と、解決策をみていきましょう。

 

 

眠れない原因を徹底追及

ドレスデン工科大学は、大学生173人を対象に「すぐに眠りにつく人と、ダラダラスマホを触ったりする人の差はなんなのか?」調査を行いました。

まずは被験者に簡単なアンケートを取りました

  • 意志力には限界があると思いますか?
  • あなたは意志力が強い方だと思いますか?
  • 理想的な睡眠時間はどのくらい?
  • 日常生活はどんな感じ?
  • あなたは朝方?夜型?

 

ちなみに、「意志力に限界があると思いますか?」って質問の意図は、意志力は無限にあるものだ!と思っているか、使えば使うほど無くなるものだ!と思ってるかを確認しています。

 

10日間の睡眠調査

アンケートが終了したら、学生達の、10日間の睡眠を調査します。毎日学生達に睡眠日記を記録してもらいました。

  • 質の高い睡眠を取れましたか?
  • 眠るまでにどんな行動をしましたか?
  • 眠った時間、目覚めた時間はいつですか?

こんな感じで、睡眠に関するデータを一通り集められるような内容としていました。

 

見えてきた2つの共通点

学生の睡眠調査も終了し、日常生活や意志力に関する考え方、実際の睡眠状況など、様々なデータを調査した結果、寝る前に何かをしてしまう人の2つの共通点がわかったのです。

 

①意志力は有限だと思っている

最初のアンケートで、意志力は有限だ!と答えた人は、意志力は無限だ!と答えた人より、40〜50分ほど寝床でダラダラしていた事がわかりました。

 

②日常のストレスレベルが高かった

日中の生活で、ストレスを抱え込んでいる人も、寝る前にダラダラしがちであるという、相関性が見受けられました。日中で充実できなかったから、少しでも自由な時間を愉しみたいと言う気持ちが働くのです。

 

だらだらしないための対処法

この記事に辿り着いた人は、寝る前にだらだらしてしまう事を、少なからず悩んでいる人だと思います。そこで、さっと寝付くための、3つの方法を用意致しました。

 

①意志力やストレスについて考える

研究によって、意志力やストレスが原因だと言うことがわかりましたね。意志力有限説については、単なる思い込みであるとの研究が浮上しています。ですので、意志力は無限なんだ!と考えを改め直して下さい。

また、ストレスについては、仕事終わりや夕食後に、ストレス解消の時間を作ってあげましょう。今まで、睡眠まで溜め込んでいたストレスを、もっと早く解消してあげるのです。

www.ruiblog.work

 

アイマスクを着用する

アイマスクを着用することによって、強制的に視界を遮断することができます。寝る前に着用すれば、スマホやテレビもシャットすることができるはずです。また、アイマスクは目の周りの血流を促進させ、日中の疲れを解消してくれますし、適度に眠気を誘発してくれます。

筆者も愛用していますが、これがすぐに寝付くためのもっとも良い方法だと思います。

 

③原因となってるものを排除する

スマホやテレビを寝室から移動させましょう。人は、その物事に取り掛かるまでの時間が長くなる程、取り掛かるのをやめようとする意思が働きます。つまり、原因物であるスマホを別の部屋に置いたり、鍵のかかった箱にしまうことによって、「スマホ取り出すのめんどくさいな〜寝るか〜」ってなる可能性が高くなるのです。

 

さあ、読み終えたら早速行動!今日から最高の睡眠を取るための準備を!!