Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

【やる気を引き出す】脳内でドーパミンを増やす16の方法-科学的にやる気を起こす

 

 

f:id:ruichaosmyth:20200131142051j:plain

やる気のいうのは一定時間経過してしまうと自然に消滅してしまうものです。しかしながら、やる気が起こるときには、きっかけが存在するのも事実です。つまり、やる気は科学的に誘発する事が可能なのです。

「明日こそは頑張るぞ!」と誓ったのに、ゴロゴロしながらゲームをしているあなたは、やる気の源である、ドーパミンを引き出し方を学ぶ必要があります。

 

科学的にドーパミンを分泌させる16の方法

ドーパミンがやる気の源である事は、科学的に証明されています。「嬉しい」「幸せ」「美味しい」など、プラスの感情になっている時は、常にドーパミンが分泌されているんです。ウキウキしてる気分の時を思い返してみると、やる気レベルが高くないですか?ドーパミンの分泌を増やす方法16選用意しましたので、自分に合いそうな手法を取り入れるといいですよ!

 

1.運動

f:id:ruichaosmyth:20200131141621j:image

沢山読むのがめんどくさいって方はここでやめて頂いてもオッケーです!ってくらい運動はやる気に直結してるんです。仕事から帰宅して「疲れた〜もう動けない〜」って時に運動をしてみてください。自然にやる気が満ち溢れてきますから。

短時間で高強度の運動を行う「SITトレーニング」や1時間に1回5分の軽い運動を行う「マイクロバーストレーニング」などもやる気に繋がると科学的に証明されてます。

www.ruiblog.work

www.ruiblog.work

 

2.初めての体験をする

日常と異なる体験は、脳に刺激を与えドーパミンを多量に分泌させてくれます。

旅行や恋愛など、新しい体験を思い返してみると、ワクワク感が止まらなかった感情が蘇ってきませんか?新しい体験は、人生を豊かにしてくれるって研究もありますよ。

 

3.成功体験をする

f:id:ruichaosmyth:20200131141313j:image

「やった!できた!」って体験は、少なからずドーパミンを分泌させてくれます。ただし、全く同じ成功(ゲームでスライムを倒すみたいな)を繰り返していると、ドーパミンが分泌されなくなるので、いろんな分野に挑戦して、どんどん成功を手にしていくのがオススメです。

 

4.音楽を聴く

2009年、カナダ・マギル大学の研究チームは、米科学誌に「音楽はドーパミンを分泌させる効果がある」という内容の論文を発表しました。

(参考)やる気のもと「ドーパミン」を脳内で増やす4つの方法。“やる気が出ない” は科学的に改善可能。 - STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア

好きな曲を聞いた時って自然に楽しくなってきませんか?それはドーパミンが分泌されてるからであり、やる気誘発にも有効なんです。

 

5.ギャンブルをする

f:id:ruichaosmyth:20200131141404j:image

多くの人がギャンブルに依存する理由は、勝負をしてる時のドーパミン大量分泌が忘れられないからなんです。パチンコの当たり音は、ドーパミンの分泌を促進させるってのは有名ですよね。

日常をゲーム感覚で過ごすことでもドーパミンは分泌されます。「このタスクは15分以内に終わらせる!」とか楽しく過ごすことでタスクも捗りますね。

 

6.瞑想

定期的に瞑想を行うことによって、ドーパミンが増えるようです。瞑想をすることで、頭の中が整理されたり、今この瞬間に意識を向けるようになったりするなど、プラス効果が沢山見込まれます。週一10分からでもやってみると良いですよ!

www.ruiblog.work

 

7.緑茶を飲む

緑茶に含まれる、「L-テアニン」という物質は、気分を向上させる効果を持っています。最近のジュースは糖分がとてもない量含まれていますから、健康のためにも緑茶を飲む癖をつけるといいかもしれないですね。緑茶には学習力を向上させる効果もありますよ。

 

8.スケジュールを引く

f:id:ruichaosmyth:20200131141438j:image

目標を設定して、スケジュールを引いてる時ってなんだか楽しくなってきませんか?それはドーパミンが分泌されてるからです。未来を想像することで、報酬を得ることを連想し、脳が活性化するのです。

ただし、スケジュールをいつまでも引いてると前に進めないので、適度な所でタスクに切り替える必要があります。

 

 

9.報酬をもらう

お金をもらったり、プレゼントをもらったりした時は、嬉しい気持ちで一杯になりますよね。実は、こんな時にもドーパミンは分泌されてて、「報酬を設定することで目標を達成しやすくなる。成長速度が速くなる」なんて研究も存在します。

 

10.カフェインを摂取する

カフェインを摂取すると、眠気が抑えられるってのは有名な話ですよね?眠気が起こる時は、ドーパミンの分泌量が一定に抑えられるように、受容体が働いてるのですが、カフェインは一時的に受容体を制御する効果を持っています。よって、カフェインを摂取すると、ドーパミンがドバッと分泌されるのです。

www.ruiblog.work

 

11.バナナを食べる

バナナには、ドーパミンドーパミンの原料が含まれているんです。よってバナナを食べるとドーパミンが増え、やる気に繋がります。意外と優秀な食べ物ですよね。

 

12.マッサージを受ける

f:id:ruichaosmyth:20200131141534j:image

マッサージと聴けば、癒しやリラックスを連想しますよね。マッサージに関するレビュー論文によると、マッサージを受ける事で31%もドーパミンが増えることがわかっています。

ストレス解消なんかにも効果的なんで、今度マッサージ店を見つけた時には思い切って来店しましょう。

 

13.太陽光を浴びる

太陽光は、人を元気にしたり、体内リズムを整えたりと重要な役割を沢山持っています。寝る前にブルーライトを浴びると睡眠に良くない!なんて言いますが、あれはドーパミンが分泌されるためです。睡眠時にはマイナス効果を生みますが、日中の太陽エネルギーはドーパミンを分泌させてくれる大切な役割を持ってます。やる気が出ない時は外に飛び出しましょう。

www.hospita.jp

 

14.甘い物を食べる

甘い物を食べると、報酬系という部分が刺激され、「これはいい物だ!」ってことでドーパミンが分泌されます。ただし、同じ刺激だとドーパミンの分泌量は低下するので、より甘い物をより沢山求めるようになり、やがて中毒に発展することもあるので、甘い物は「どうしても今だけは。」って時に摂取するのが良いですよ。

 

15.インスタでいいねをもらう

「インスタのいいねはお金をもらうよりも嬉しい!」って研究があり、一部の人にとってはお金をもらうことより、インスタでいいねをもらった時の方が、ドーパミンが多量に分泌されてることがわかったのです。いいねもらったら、やる気のあるうちにタスクへ移行すると良いですね。

www.google.co.jp

 

16.ハグをする

f:id:ruichaosmyth:20200131141501j:image

ハグをすることでドーパミンが多量に分泌されるって研究もあります。たった30秒のハグで、ストレスの3分の1が解消されちゃうくらいハグは最強なんです。「ハグをする相手がいない」って方は、ペットや抱き枕、1人ハグでも効果はあるみたいですよ。

 

 

まとめ

ドーパミンが多量に分泌されることで、「嬉しい!楽しい!幸せだ!」などプラスの感情が現れ、やる気へと繋がります。ダラダラしてて無気力な状態の時に、16の方法を試してみてください。気づけばやる気に満ち溢れてるはずですから。