Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

うつ病ってどんな病気?チェックシートで自己診断してみよう

 

うつ病って何?

f:id:ruichaosmyth:20200120200204j:image

言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活の困りごとが出てきてしまう―これが「うつ病」なのです。https://utsu.ne.jp/depression/

 

とてつもないくらい気分が沈んで、日常生活に継続的に影響を与えているのであれば、うつ病を疑って下さい。

 

あなたはうつ病

下記の精神科ガイドラインに、いく当てはまるかチェックしてみましょう。

  1. 常に気分が沈んでいる
  2. 健康な頃に比べて食欲がおかしい
  3. 物事に興味を持てない
  4. 行動がかなり鈍くなった
  5. 罪の意識が異常に高まっている
  6. 集中力が低下してると感じる
  7. 自分は価値のない人間だと思う
  8. 何事に対しても、無気力になってしまう
  9. かなりの睡眠不足orかなりの睡眠過多
  10. 自殺願望がある

自分がいくつ当てはまるかわかりましたか?精神科によると、5つ以上あてはまった人はうつ病の可能性があるようです。

 

多くの人がうつ秒に苦しんでる

世界保健機関(WHO)は、世界でうつ病に苦しむ人が2015年に推計3億2200万人に上ったと発表した。全人口の約4%に当たり、05年から約18%増加した。

地域別ではインド、中国を抱えるアジア・太平洋地域で全体の約48%を占め、日本は約506万人。

うつ病患者、10年で18%増 早急な対策必要とWHO: 日本経済新聞

世界では4%にあたる人、日本国内では6.7%もの人が、うつ病に苦しんでいると言われています。

インターネットが普及し、急激に情報量が増えることに従って、うつ病の患者数も急増していきました。自分と他人を簡単に比べられるようになったことや抱えきれない程の情報量が大きな原因だと考えられます。

 

判別が難しい

f:id:ruichaosmyth:20200120200240j:image

高血圧や糖尿病、癌などとは違い、「コレがあれば病気」と言った指標がないため、うつ病が理解されるのは難しいです。

混乱を招く原因の一つに、「うつ病なのか?単純に気分が落ち込んでるだけなのか?」の判別が難しいことが挙げられます。恋人に振られたり、会社を首になったり、誰しも気分が落ち込むことがあって、時には理由もないのに気分が沈むことだってあるわけです。

しかし、正常であれば気分の落ち込みは数日で回復します。逆に、うつ病であると最低2週間以上、気分の悪い状態が続くうえ、日常生活に支障をきたします。

 

医学的に見たうつ病

少し難しい話になりますが、うつ病にかかると脳内の身体的症状を確認できる場合があります。過度なストレスによって、脳内の前頭前野や海馬が縮小してしまうのです。

また、神経系も異常を起こし、特定の物質を過剰に分泌したり、分泌量が極端に低下したりして、ホルモンバランスが崩壊し、精神的異常や睡眠異常を起こしてしまうのです。

しかし、うつ病にはしっかりとした掴みどころがなく、神経系科学者でもうつ病の原因が何なのかを完全に理解できていないのが現状です。

 

疑いがあるならすぐに病院へ

f:id:ruichaosmyth:20200120200413j:image

診断は精神科や精神神経科が対応してくれます。うつ病は、骨折と同じように、気合いで治すことはできないものです。

今までうつ病を経験したことがない方は、気分が落ち込んでる時と同様に捉えてしまいそうですが、うつ病は疾病です。うつ病かどうか自己判断がつかないために、平均的な患者が助けを求めるまでには、10年もかかると言われています。(アメリカ国立精神衛生研究所)

少しでも疑いがあるなら、まずは病院へ行くことをお勧めします。