Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

砂糖は薬物より依存度が高い-甘いものを摂取したとき脳内ではどんなことが起こるのか?

f:id:ruichaosmyth:20200118173223j:plain

  • 口の中でとろける滑らかで濃厚なプリン
  • 新鮮苺をふんだんに使ったフルーツパフェ
  • ナイフを入れると中からチョコが溢れ出すフォンダンショコラ

想像してみて下さい。唾液が分泌されて口の中が潤いませんか?すぐにでも冷蔵庫から甘いものを引っ張り出そうとしてませんか?一体、甘いものによって、私達の体はどのような影響を受けてるのでしょうか?

 

 

ドラッグを上回る依存性

甘いものがやめられないあなたは、砂糖依存性の可能性があります。大量に摂取していると、神経系が麻痺し、薬物依存性と同じような作用を起こしてしまうのです。人によっては、ドラッグよりも強い依存性を受ける場合もあり、海外だと「マイルドドラッグ」という呼び名が付いていたりします。砂糖と私達の体について知っておくことは大変重要なことだと言えるでしょう。

 

砂糖と体のメカニズム

私達がケーキなどの甘いものを食べた時、中に含まれている砂糖が、舌にある味蕾(みらい)という部分を活性化します。味蕾というのは、甘みを拾い上げる部分で、甘味受容器と言われています。甘味受容器で感知された甘みは、脳へ信号として伝達されます。その信号を大脳皮質内の様々な部位が感知し、甘みとして捉えることができるのです。

ケーキを食べる→甘味受容体が感知→脳へ信号を送る→脳内で美味しさを感じる

 

甘みを感じたら報酬系が活性化

上記までの流れで、甘みを感じることができたら脳の報酬系が活性化されます。報酬系は複雑な電気回路で成り立ってるのですが、簡単に言えば、一度良いと思ったものを記憶しておくための回路です。

例えば、「とろけるようなプリン」を食べた記憶があって、そのプリンを再度目の前にした時、「あっ、これ食べたい!」と思わせるのが報酬系です。

kotobank.jp

しかし、糖分の過剰摂取によって、報酬系を活性化させすぎると、報酬系が壊れてしまいます。どんなことが起こるかと言うと

  • 自制心を失う
  • もっと強い刺激を求めるようになる
  • 常に欲望を満たさないと落ちつかない

こんな症状が出てきてしまうんです。つまり、常に甘いケーキを食べたくなり、食べないとイライラしたり、場合によっては砂糖をそのまま摂取したりしてしまうのです。

 

報酬系についてさらに詳しく

報酬系の主要な神経は、ドーパミンという物質であり、受容体がドーパミンを感知することによって、「美味しい!嬉しい!最高だ!」など幸せな気持ちを感じることができるのです。

アルコールやタバコ、ドラッグなどは、ドーパミンを過剰分泌させることによって、体をがハイテンション状態になるよう仕向けます。実は、糖分を過剰摂取した場合も同じような現象が起こり、ドーパミンの分泌量が低下しなくなるのです。糖分を摂取しなければ、イライラや倦怠感を引き起こしてしまい、まさに中毒を起こしてしまってるんですね。

www.ted.com

砂糖と脳の関係について、医科大学薬理学部の准教授、ニコール・アヴェナ博士が、動画でわかりやすく解説しています。

 

どれくらい摂取すると依存症なのか?

砂糖に依存性があるってことはわかったけど、具体的にどれくらい摂取したら依存性なの?

毎日ジュースを飲むだけで依存性なのか?それとも一日に板チョコ10枚くらい食べてたら依存性?明確な基準が知りたいですよね。

今の自分の状態を知れば、どのくらい依存しているのかがわかります。下記の7つの質問に、いくつ当てはまるかチェックしてください。

  1. お腹空いてないのに何か食べたくなる
  2. 甘い物の摂取量が増えてきている
  3. 一口だけのはずが気づけば大量に食べてることがある
  4. 甘いものを食べないと満足できない
  5. 糖分を摂らないとぼーっとする
  6. 甘いものを食べたら気分が晴れる
  7. 甘いものを我慢できない

 (参考)甘いものがやめられない!砂糖依存症|ヘルスケア情報|eo健康

人によって許容範囲が異なるので、どれだけ摂取すれば依存性になるという明確な基準はないですが、上記の質問で当てはまった方は注意が必要です。ちなみに筆者は5つ当てはまりました笑

 

依存性になるとどうなるのか?

<砂糖依存症の症状>

  • 甘いものを食べないと落ち着かず、我慢しているとイライラする
  • ストレスを感じると甘いものが食べたくて仕方なくなる
  • チョコレートやアメを持ち歩き、ことあるごとに甘いものを食べている
  • 妙に疲れやすく、甘いものを食べると元気になる
  • 短時間の労働などでめまい・立ちくらみなどを感じる

(参考)甘いもの好きな人必見!砂糖依存症について|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

これら以外にも、低血糖やビタミン不足が原因で、集中力の低下や、頭痛、体重増加、糖尿病、目覚めが悪くなったりと様々な悪影響が見られます。

 

砂糖の含有量をチェック

当分含有量(シュガー1本あたり3g)
コカ・コーラ 500ml 19本分
ミルクティー 500ml 13本分
ショートケーキ 100g 10本分
ホットケーキ 120g 9本分
シュークリーム 70g 3本分
プリン 70g 5本分
カステラ 100g 12本分

世界保健機関(WHO)によると、1日の砂糖摂取量は、1日に摂る総エネルギー量の5%未満が望ましいとのことです。スティックシュガーに換算すると、8本分くらいが一日の目安になります。500mlのジュースを飲めば基本的にアウトなんで、少し厳しい気もしますが、健康の最高機関がこの数値を公開してるということは、心に留めておきましょう。

 

まとめ

どんなに美味しい物だって、それが当たり前になってしまえばだんだん有り難みが薄くなってしまいます。糖分の多量摂取は体に良いものじゃありませんので、「今日甘い物食べすぎかな?」って思った時くらいは、頑張って我慢すると良いかもしれませんね。