Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

「腓骨遠位端骨折」と診断されたました-入院期間は1カ月-骨折〜完治まで-その3(最終章)

 

どうも、るいです。

骨折体験記もリハビリ&入院生活編に突入し、いよいよ終盤へ突入致しました。前回までの記事を読んでない方は、こちらから目を通した方がいいかも!

www.ruiblog.work

www.ruiblog.work

 

リハビリってどんなことするの?

f:id:ruichaosmyth:20200105111620j:image

これはあくまでも腓骨遠位端骨折のリハビリになります。

  • ゴムみたいなもので足を引っ張って、足首をクネクネさせる
  • 足の裏でボールをコロコロ転がす
  • 足の指を使ってタオルを手繰り寄せる

抜糸が取れるまでの10日間はこれらを5分ずつやっていました。

最後に理学療法士の方が、足を入念に動かしてくれます。(1時間くらい)

 

抜糸が取れるまでの回復具合

  • 手術の翌日は、ほとんど足を動かすことができませんでした。動かしたら痛いですし、腫れが酷くて思うように足が動かせないんです
  • 2日目、3日目になると、痛みがだいぶ落ち着きますので、なんとかリハビリをこなすことはできます(足の動きはまだまだぎこちないし、指はほとんど動きません)
  • 4日目〜徐々に腫れが引いているのがわかってきます。腫れが引くのと同時に足がどんどん動くようになります
  • 7日目〜10日目、1週間を超えてくると、痛みはほとんど無くなります。腫れは10日目である程度引いたかな?ってレベルになります

 

抜糸が終わるといよいよ歩行練習

10日目に突入すると、傷口を外気に触れないように密閉したシールを剥がし、抜糸を行います。最近の抜糸はほとんど痛くないみたいですし、私の場合抜糸はありませんでした。(先生に聞いてみたところ、内側で縫ってて抜糸は必要ないらしいです)

そしていよいよ抜糸が終わると、装具を付けて歩行練習に入ります。

 

ちなみに装具っていうのはコレ

f:id:ruichaosmyth:20200104224332j:image

引用:足首装具の供給。 高品質。 ワンストップ製造と供給Tzung Jia Enterprise Co., Ltd.

手術が終わったっていってもまだまだか弱い状態だから、再度足首を捻ることがないようにするためのサポーターのことですね。

 

まずは手摺りを持って立つ練習から

f:id:ruichaosmyth:20200105111544j:image

10日間も経っていなかったら、立てるかどうかかなり不安なんです。理学療法士の方に、それじゃあ立ってみようかと言われ、立てるのか?と半信半疑に思いながらも、立ち上がってみました。

すると、若干痛みがあるものの普通に立ち上がることができたのです!!人間の回復力って凄まじい!!!

 

しばらく車イスから立ち上がって、少し経ったら座ってを繰り返した後に、次は両足に同じレベルで体重をかける練習をさせられます。

 

どうしても折れた方の足を庇ってしまいがちで、健康な方の足に体重が乗ってしまうのです。(これを行わずに歩いてしまうと、変な歩き方の癖がついてしまう可能性があり、良くないです)

 

ついに歩けた!?

10分くらいで、体重を均等に載せている感覚をものにしたところで、いよいよ歩行練習を開始します。私的には、立つ事ができた瞬間「これ、絶対歩けるやん笑」と思ってました。

そして、予想通り、歩く事ができました!!

ただ、足首の可動域がまだまだ少ないことにプラスして、装具で足首をガチッと固定されているので、どうしても歩き辛さはありました。(若干痛みもありますし)

 

痛みの具合はこんな感じ
  • 骨折〜手術まで→動かしたら痛いが、安静にしていれば眠るのに支障が無い痛さ(個人差がかなりあると思います)
  • 術後〜1日→死ぬほど痛い。患部を燃やされてるような痛さ。
  • 1日後〜3日目→結構痛い。夜眠る時にはかなり痛んだりする(術後の痛みに比べたら5分の1もないくらい)
  • 3日目〜7日目→痛みが結構取れてくる。夜眠る時は痛んだりする
  • 8日目〜10日目→眠る時に、若干痛いかな?って思うレベル

 

腫れが再発

歩行練習が始まり、歩行練習2日目は沢山歩きました。すると3日目に、またまた腫れが再発したのです。

「えっ、えっ、」って心配なりそうですが、理学療法士の方から歩き始めたらまた腫れますよと言われていたので、これは正常な反応なんだと思うことができました。

 

この腫れも1週間くらい経てばほとんど無くなり、1週間後にはかなり歩けるようになりました。(階段の下り以外ならほとんど常人と同じようなレベルで歩けます)

 

腫れの具合はこんな感じ
  • 骨折後〜手術まで→めちゃくちゃ腫れる、体感は1.5倍くらい
  • 手術〜術後3日目→上記と同様1.5倍くらい腫れる
  • 3日目〜10日目→日に日に腫れが治っていき、10日経てばかなり腫れは引く
  • 歩行後→再び腫れが再発。ピーク時に比べるとマシだが、1.3倍くらい腫れる
  • 歩行後〜7日目→日に日に腫れが治り、7日目にはほとんど消える

 

その後は問題もなく退院へ

歩行練習が始まってからは、1週間程度である程度歩き方をマスターし、最後の1週間は念のための入院みたいな感じでした。そして無事退院を迎えます!!最初の外食をした時はしたがとろけ落ちそうになりました(ただのファミリーレストランです笑)

 

まとめ

入院期間は約1ヶ月くらいでした。骨が折れたのに1ヶ月程度でほとんど完治するなんて人間の身体って凄いものですよね。

ただし、体内にワイヤーみたいなものを埋め込まれているので、一年後に抜釘手術が待っています。身体は健康に尽きるな、と、染み染み感じされられました。