Lifehack

日々の生活をより良いものに!生産性を高めるためのノウハウや健康に生きるための知識を提供。人生を豊かにするためにライフハックを学ぼう!

「腓骨遠位端骨折」と診断されたました-入院期間は1カ月-骨折〜完治まで-その1

 

どうもるいです。

実は最近、左足の腓骨を骨折してしまいました。今まで、大きな怪我とは無縁の生活を送っていたので、「まさか自分が骨折するなんて...」と最初は現実を受け止めることが気出なかったです。

 

とはいうものの、実際に入院生活が始まると、「本当に骨折したんだな...」と現実を徐々に受け止める自分がいて、気づけば腓骨骨折について熱心に調べ上げてました。が、腓骨骨折に関する情報って極度に少なくてびっくり!あまり情報が集まらず不安な気持ちになったのを覚えています。

ですので、今回は、同じように骨折した方が、少しでも不安な気持ちを解消できたらいいな!ってことで、私の骨折体験をまとめました。読みにくい文ではありますが、細かい部分まで書き留めてますので、参考にでもされて下さい。

 

 

そもそもなぜ骨折したのか

f:id:ruichaosmyth:20191230194917g:image

私の趣味はサッカーです。小学校低学年の時にサッカーを始め、社会人になった今でもやっています。

事故の日、私は友人に呼ばれてフットサルの大会に出ることになりました。もちろん、地方で行われるアマチュア大会なので、高校生の夏の大会のような緊張感はありません。

 

こんな感じなので、軽い気持ちで臨んだら、開始15分?20分?くらいのところで悲劇は起こったのです。

 

私の近くにこぼれ球がやってきました。瞬時に反応して、ボール飛びついた私ですが、死角から相手選手もボールに飛びついてきました。

そして、接触。私は相手選手を抱えながら、足首を内側に捻るような形で倒れてしまいました。片方の足に、自分と相手選手の全体重がのし掛かった状態になったわけです。(しかも相手選手かなりふっくらした方でした!!)

こうして骨折してしまった訳なんです。

 

骨折って痛い?どんな感じなの?

  • 痛すぎて転げ回ったんじゃないの?
  • 救急車でバタバタ搬送されたんでしょ?
  • 気絶とかしなかった?

こんな想像を膨らませてるかもしれませんが、案外そうでもないのです。あまり痛みもなかったので、下記のような流れで生活していました。

  1. 足を骨折(この時点では捻挫と思ってる)
  2. とりあえずベンチで休憩
  3. トーナメント1試合目で負けたので、歩いて牛丼を食べに行く
  4. 家に帰ってRISE処置を行う(試合後3時間後くらいまだ捻挫と思ってる)

まあ、こんな感じで私自身全然骨折に気付いてなかったんです。何せ、平常時に痛みはなく、歩くときに痛みを感じる程度だったので...ただ、腫れはものすごかったです。自分の足が1.3倍くらいに腫れあがっていましたよ。腫れがひどいときは骨折を疑いましょう。

 

※私の骨折があまり痛くなかったのは、綺麗に折れていて、皮膚などに損傷を与えることがなかったからだと思われます。骨が皮膚を貫いた場合は、激痛でしょうし、感染症の心配もありますので、速攻で病院に行きましょう。

 

RISE処置

  • Rest(安静)
  • Icing(冷却)
  • Compression(圧迫)
  • Elevation(挙上)

https://www.machida.tokyo.med.or.jp/?page_id=9192

 

その後なんかおかしいなと思いとりあえず病院へ

病院で診断を受けるまでは捻挫と思っていたので、2日間、RISE処置を繰り返し行いました。

 

しかし、一向に良くなる気配はなく、むしろ悪化していました。

  • 腫れは相変わらずひどい
  • 怪我した時より内出血が増えてる
  • 徐々に痛みも増してる気がする

って感じだったので、もしかしたら靭帯断裂してたりするのかな?と、若干不安になったのを覚えています(この時点でまだ骨折は疑っていない)。

 

普段なら、怪我や病気では病院に行かず、安静にして自力で治すのが私のスタイルです。しかし、ここまで異変があれば病院に行くしかありません。事故から二日後に病院へ行くことを決意しました。

 

家から一番近かった病院へ

靭帯やってるかもな〜とか考えながら、骨折のコの字も考えてない状態で病院を訪れたのですが、いざ先生に足を見せると先生が一言!

「あ〜これ折れてるね〜」

何を言ってんだこの人は!平常時は痛みもないのに折れてるわけないじゃん!とか思いながらレントゲン室へ連れていかれます。

 

レントゲン写真を見るとしっかり横線が

レントゲン写真を撮ってもらい、30分後くらいに先生に呼ばれます。そして、写真を見ながら、「骨折しとんね。ココ見て、くっきり横線入っとる」と先生に言われました。

うん、なんか横線しっかり入ってんぞ。でもこれ骨折なの?えっ骨折してんの自分?

ここでようやく骨折を50%くらい信じる自分が現れ始めたのです(レントゲンを見てもよくわかんないし、まだ半信半疑です)。

 

そしたら先生が

「一応ギブスでも治るけど長期間ギブスしとかないかんし、長い期間待っても治らない可能性だってある。手術をオススメするけどどうする?」って

もう自分の頭の中はポカーンって感じなんですよね。「手術?あーそうか、これ骨折だもんな。これ骨折だから手術しなきゃいけないよな。」ってことで、しばらく考えて手術お願いします!と返事をしていました。

 

大きな病院へ移動

最初に行った病院では手術ができなかったため、大きな病院への紹介状を書いてもらい移動することになりました。

先生が大きな病院に連絡してくれて、段取りが整ったらここの病院とはおさらば。タクシーで大きな病院に移動しました。(移動料金1700円くらい)

ちなみに小さな病院での診察料金は、健康保険3割負担で5000円程度でした。

 

大きな病院に着くと、看護師さんが車椅子を準備して待っててくれました。元々徒歩で病院まで向かった私ですから、車椅子を見た瞬間、「そうだよな〜自分って骨折してるんだよな〜重症なんだよな〜」って感じでようやく骨折を90%くらい信じる自分がおりました。

 

再検査開始

まあまずはお医者さんと話し、「うん、これ折れてるね」と恒例のように言われた後、レントゲンとCT検査を行うことに。

f:id:ruichaosmyth:20191206131928j:image

CTとはComputed Tomography:コンピュータ断層撮影法の略であり、CT検査はエックス線を使って身体の断面を撮影する検査です。

CTは通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化します。

http://www.hosp.ncgm.go.jp/housyasen/030/index.html

簡単に言えばドーナツみたいな機械を通したら立体的な骨の様子が見れる検査のことです。

 

でっ、2つの検査が終わり、再びお医者さんの元で画像の説明をされるわけです。レントゲン見てもわかんないよ〜って思ってたら、CTの画像は、素人の私でも折れてることがハッキリわかるような画像でした。

そして、お医者さんから言われます。「腓骨遠位端骨折ですね」と。

その瞬間は、結局どこの骨折か全然わからん。ってなりましたが、その後、私にもわかるレベルで丁寧に説明してくれました。

 

説明が終わると、「じゃあ今から入院できますか?」と言われ、入院することに。

  • 手術するための同意書を書いたり
  • 入院の手続きをしたり

本格的に手術へ入る準備みたいなこといろいろやらされました。

※後で同じ病棟に泊ってる患者さんに聞いた話ですが、症状次第では、即日手術を行う場合もあるようです。

 

いきなり入院できないよ!って人

会社で自分の担当業務の引き継ぎをしないといけません!ってことを伝えたら、手続きが終わった後すぐに、外出許可をくれました。どっちにしろその日のうちには戻らないといけなかったのですが、一度外出することはできました。

ただ、病院や症状によっては外出させてくれない可能性も十分にあるでしょう。

 

骨折〜入院生活までは以上になります

最後に簡単にまとめると

  • 骨折しても痛くない時だってある
  • 骨折するとものすごく腫れる、内出血する
  • 医者は平気で入院、手術という選択肢を提示してくる
  • 骨折の疑いがあるなら最初から大きな病院に行った方がいい(小さな病院での診察費用がかさむため)
  • </ul

 

入院生活〜はこちら

www.ruiblog.work