ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

楽しみは最後に取っておくべき?本当に幸せを感じるためにはどうするべきか結論

 

どうも、るいです

お弁当に好きなおかずがあった時、あなたは最初に食べる派ですか?最後に食べる派ですか?

無論、筆者は最後に食べる派です。終わり良ければ全て良し!って言われるように、最後に最高の至福を味わえるってのが好きなんです。

最後なんてありえない!好きもんを最初に食べないなんて何考えてるん!

筆者やペンギンのように、意見は真っ二つに分かれるでしょうが、大学実験によって、楽しみをいつ味わおうと、幸福度は一緒だよ!って結論が出ちゃったんです。

 

楽しみはいつ味わおうと幸福度は変わらない

f:id:ruichaosmyth:20191124174316j:image

シカゴ大学では、「好きなおかず先に食べるべきか後に食べるべきか問題」を本気で解決するため、学生を対象にした研究が行われました。

その研究内容はこんな感じ

  1. 試験を控えた学生259人に協力をお願いしてなんとか承諾を得る
  2. 試験前にスパに行くか?試験後にスパに行くか?を選んでもらう
  3. 調査の結果、試験後にスパに行くと答えた人が多かった
  4. しかし、幸福度を計ったところ試験前も試験後も変わらなかった

この調査では、好きなおかずを最初に食べようと、最後に食べてしまおうと、幸福度は変わらないよ!って結論が出たのです。

 

状況を変えて調査を行っても結果は同じだった

先に幸福を取るか後に幸福を取るかを選ばせたからこんな結果になったんじゃないの?

先に幸福派か、後に幸福派かは分かれてるわけだから、自分の選択した方に幸福を感じた!って答えるのは当然じゃないの?ってことでさらに追加調査が行われました。

  1. 学生181人を集め研究者の指示(ランダム)で2つのグループに分かれてもらう
  2. Aグループは、面倒な知能テストを行った後、楽しいゲームをやってもらう
  3. Bグループは、楽しいゲームをやった後に、面倒な認知テストをやってもらう
  4. 181人の幸福度を計ったところ、やはり幸福度は変わらなかった

やっぱり楽しみをいつ味わおうと、幸福度は変わらなかったのです。

 

頑張ったご褒美に至福の時を過ごすみたいなスタイルがいいんじゃないの?

  • 全てをやり終えた後に楽しみを味わうからいいんじゃないの?
  • 先に楽しみ取っちゃうと、後のタスクが気になって楽しめないんじゃないの?

日本人は、後に楽しみを味わう派が圧倒的に多いです。教育のあり方や世間の風習みたいなものがこの感覚を持たせてるんですね。

研究者曰く

今回の実験は、多くの人が「心配しすぎ」であり、未来の報酬について過剰に考えてしまいがちだ。しかし、実際は未来も今も同じような喜びを得ることができる。

とおっしゃっており、楽しみを味わってる時は後先のタスクのことなんて忘れてるから関係ないよってことですね。

自分の信仰してる幸せの取り方を続けていくのが1番だね

 

このブログでは先派も後派もさらに幸せになって欲しい

幸せはいく味わおうと幸福度は一緒だよ!ってデータだけでは物足りないと思います。ですので最後に、それぞれのメリットを上げていこうと思います。

 

先に楽しみを味わう更なるメリット

f:id:ruichaosmyth:20191124174241j:image

①満足行く休暇を過ごせば、作業効率が上がるというデータがあります。満足の行く休暇とは幸福のこと。

つまり幸福いっぱいになることによって、その後のタスクも捗り、仕事や勉強などへの満足度も上がるのです。

 

②  時に幸せは理不尽な何かによって奪われてしまう可能性もあります。
  • 好きなおかずを最後に残していたら友達に食べられた
  • これ終わったら休憩!って思って頑張ったのに新たなタスクがやってきた
  • タスクを頑張りすぎて最後に楽しみを味わう時、体力が尽きていた

こんな感じで幸せを後回しにすれば、時に奪われてしまう可能性もあるのです。しかし、幸せ先取り派ならこの心配はありません。

楽しみは先手必勝ってか

 

 先に楽しみを味わうも後からタスクを放置してしまうあなたはこの記事を読むべき

www.ruiblog.work

 

後に楽しみを味わうメリット

シカゴ大学の実験では、先に楽しみを味わった人の2割くらいの人は、後のタスクが若干気がかりになっていました。

この理由には、

  • あらかじめ調査だと言うことが伝えられていた
  • 回答した生徒が大袈裟だった
  • タスクと楽しみに偏りがあった

など様々な要因が想像されますが、超神経質な方は後のタスクが原因で十分に楽しめないことも考えられます。

そういった面では、後に楽しみを味わうというのもメリットになるかもしれません。

 

まとめ

最後の個人的な分析も加味すれば、若干ではありますが"先に楽しみを味わう派"の方が幸福なんじゃないかな?って思います。

ただ、どっちにしろ自分の信仰してる楽しみの取り方を続けるのが1番です!

自由気ままに生きる!

 

 もっと幸せを追求したいなら不幸になる習慣を避けるところから始めよう

www.ruiblog.work