ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

科学が生んだ記憶力を高める7つの行動 記憶定着をアップさせる方法はこれで決まり

 

過去を振り返れば、受験勉強や資格試験の際、勉強をかなり頑張った記憶が蘇ることでしょう。しかし、時代が進むにつれて、ただ我武者羅に頑張る行為は消えつつあり、効率的に記憶定着を行うのが主流になっています。ですが、様々な手法が提示されることによって、結局どれが良いのか混乱してしまうことも多々あることでしょう。そこで、今回は、筆者が選び抜いた、記憶力定着を促進させるために有効な7つの習慣を紹介します。是非、自分に合いそうなものから試してみてください。

 

 

 

1.ビタミンDをしっかり摂ろう

f:id:ruichaosmyth:20190925193743j:image

日光を浴びないとなんだか不健康な気がしますよね。実は日光にもビタミンDが含まれており、ビタミンDは脳が活発に働くためには、必要不可欠なものと言われています。

最新の研究によると、ビタミンDが不足している状態だと、記憶力が3分の1以下に低下してしまうと提唱されています。つまり、ビタミンDが足りているかどうかで、記憶力に3倍の差がついてしまうのです。

余談ですが、ビタミンDには身体、骨を強化する働きがあり、高齢者4万人を対象にした研究では、骨折率が20%も軽減したことがわかっています。また、インフルエンザに対しても40%免疫力が高まると発表されています。

 

2.運動を取り入れよう

f:id:ruichaosmyth:20190925193800j:image

運動と脳機能には深い結びつきがあります。例えば、マイクロバーストエクササイズ(1時間に5分のペースで運動)を行えば、疲労感減少、やる気向上、脳機能アップなど、身体の内部が状況が向上すると分かっています。

さらに、とある心理学研究によると、記憶定着作業をした4時間後に運動を行うと、長期的な記憶定着率が格段にアップすると言うデータが提唱されています。しかし、そのメカニズムは未だ解明できない領域にあり、今後の発展にさらなる楽しみを感じます。

www.ruiblog.work

 

 

3.細かい部分に目を向ける癖をつけよう

f:id:ruichaosmyth:20190925193814j:image

一般的に、歳を取ると記憶力が衰えると思われがちですが、それは全くの誤解です。根本的に、人間の脳は物事を忘れやすいようにできており、たとえ若くても、時間が1日経過すれば72%の事を忘れてしまいます。

では、なぜ歳を取るにつれて、記憶力が衰えたように感じるのか?

答えは、人の癖が原因です。人間には、脳を節約して、出来るだけ少ない情報の中から物事を理解しようとする癖があります。つまり、細部にまで目を配らなくなっていくがために、記憶定着しづらくなっているのです。

記憶定着させたいタスクならば、"一つ深く掘り下げる"を意識して、取り組むのが良いでしょう。

www.ruiblog.work

 

 

4.睡眠は大切に

f:id:ruichaosmyth:20190925193841j:image

睡眠なんて、何当たり前のこと言ってんだ!って思う方もいるかも知れませんが、睡眠時間をしっかり確保していない人ってかなり多いんです。さらに、睡眠不足がどれだけ生活のパフォーマンスを低下させるのかを理解してない人も多いです。6時間以下の睡眠が2日続くと、全く寝てない状態と同じって知ってましたか?

睡眠を取ることによって、記憶定着を促進させる"海馬"が活発に働きます。「睡眠を削る=記憶定着させない」ということにもなり兼ねませんし、パフォーマンスも圧倒的に下がるので、睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。

 

www.ruiblog.work

www.ruiblog.work

 

 

5. 40秒の復習がかなり有効に働く

f:id:ruichaosmyth:20190925193901j:image

たった40秒の復習が、長期記憶にかなり有効であるという論文が、サセックス大学によって発表されました。記憶定着に関する実験も行っており、内容は、復習するしないの2チームに分かれて動画を見てもらい、2週間後記憶テストを行うというもの。

記憶テストでは、復習無しチームはほとんど内容を思い出せなかったのに対し、復習有りのチームはかなり細かいところまで覚えていたことが分かったのです。

理由としては、40秒の復習を行なってる時は脳の後帯状皮質という記憶定着に深く関わる部位が活発に動いたためだと分析されています。たった40秒、めんどくさいかも知れませんがやる価値はありますね。

www.ruiblog.work

 

 

6.セルフイマジネーション

f:id:ruichaosmyth:20190925194034j:image

セルフイマジネーションは論文によって発表された、記憶力が3倍にもなる強力な手法です。アリゾナ大学で行われた実験では、脳損傷を起こした人及び健康な人々をそれぞれ集め、どのように記憶するのが一番良いのかを検証しました。検証内容は、リズムに乗せて記憶したり、記憶すら対象について深く考えてみたりと、全部で5パターン行いました。その中でも圧倒的に記憶定着力が高かったのは、「自分に絡めて記憶する」というものです。結果としては平均の3倍もスコアが良かったとのことです。

実は、その他の多くの実験でも自分に絡めて記憶することはかなり有効であるとの結果が出ており、記憶する時は、自分を絡めることが必要不可欠と言えそうです。

 

7.(男性限定)魅力的な異性を眺める

f:id:ruichaosmyth:20190925194259j:image

イーストカロライナ大学心理学部で行われた実験によると、記憶テスト前に美しい顔を見るだけで記憶力が高まるという結果が出たのです。美しい顔を見る見ない、記憶テストの前と後、それぞれのパターンの実験を行いましたが、記憶前に美しい顔を見ることによって、記憶力が飛躍することがわかったのです。

これは、人間の本能的なものが働いており、より美しい女性を手に入れたい願望の現れによって、普段は出さない力までを呼び起こしていることが要因になっています。

女性の場合も、記憶作業前に、イケメンを眺めることによって、記憶力が向上するかもしれません。

 

まとめ

記憶定着に繋がる行動はいかがだったでしょうか?全ていっぺんに取り入れようとすると、徐々に身体が拒絶反応を起こし始め、そのうちやめてしまうでしょうから、まずは自分が興味を持った一つから試して見ると良いでしょう。とは言っても、4番の睡眠だけは生活の全てに関わってくるので必ず確保してほしいところであります。あなたの生活がより良いものになる事を願ってます。

www.ruiblog.work