ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

学習転移は存在するの?ワーキングメモリーには有効に働くって本当?

 

「学習転移」聞いたことがありますか?

学習転移というのは、ソフトテニスが上手な人は硬式テニスの上達が早いだとか、ソフトボールをやっている人は野球の上達が早いだとか、AをやっていたことでBの上達速度も早くなることを言います。

実は、学習転移って心理学会でも結構興味を持たれていた分野で、実際にどの程度転移が及ぶのか研究もされているのです。学習転移の世界を見ていきましょう。

 

 

リバプール大学の論文

f:id:ruichaosmyth:20190924210011j:image

この論文は、過去に行われた学習転移の研究などを分析することによって、より詳しくデータの抽出をしています。例えば、下記のようなことを調べたりしてるんです。

  • チェスが上手な人は論理的思考がより研ぎ澄まされてるのか
  • 音楽と触れ合うことによって、認知機能は高まるのか
  • 頭を使うトレーニングを行えば、情報処理能力は上昇するのか

なぜこのようなことを調べてたのかというと、チェスが上手い人は知能テストの成績が実際に高かったりと、相関性のあるデータが取れていたからです。

 

しかし、研究結果を分析した結果、遠い転移は存在しないということがわかったのです。つまり、ソフトボールから野球のような学習転移は存在するけども、サッカーから野球のような学習転移は存在しないということです。

データに相関性があった理由は、チェスや音楽をやるから知能テストの点数が良くなるのでは無く、知能が高いからチェスや音楽を楽しくできるためでしょう。

学習転移は共通するものにしか及ばない

 

ワーキングメモリーには遠い転移もあるかも

f:id:ruichaosmyth:20190924210048j:image

学習転移は存在しないのだと、まだ諦めるのは早いです。実は「ワーキングメモリーには学習転移が存在するのでは?」と言われています。

そもそも、ワーキングメモリーというのは、作業記憶とも言われるもので、情報を一時的に脳内へ留めながら、頭の中で情報処理を行うことを言います。

頭の中にある情報処理スペースとでも思っていただければ良いでしょう。

 

学習転移が及ぶ理由

結局、何事を学習していくにしても、情報処理能力は必要になってきます。例えば、英語をマスターするを目標にしていた場合、マスターするための効率の良い方法を見つけ出せた方が、身につくまでの時間ははやいはずです。スポーツをするにしても、情報処理能力が高ければ、100回身体で体感して気付くものを、10回の動きで見つけ出せるかも知れません。

何を身につけるにしても、成長するための情報は無限に散りばめられているので、その処理能力が高いところが、遠い学習転移を有効にしているのです。

 

ワーキングメモリーを鍛えよう

f:id:ruichaosmyth:20190924210230j:image

ワーキングメモリーが学習転移に有効と言われても、肝心のワーキングメモリーの鍛え方がわからない人が沢山だと思います。そんなあなたは次2つを意識して生活してみると良いですよ。

1つ目は、三つ程度のマルチタスクをこなすことです。たとえば、上司から頼まれた仕事をやりつつ、顧客からの電話に対応し、部下や後輩の様子にも気を配ってみる。ただし、タスクが5つ以上に増えると、情報を処理できずにストレスの原因になるので注意が必要です。

 2つ目は、タスクに取り組む際、「より速く」「より丁寧に」「より良いものを」意識すること。いつもと同じタスクをくり返す場合にも、「次はどんな工夫をしようか」とゲーム感覚で取り組んでみる。それだけで、脳のトレーニングになります。

引用元:40代からはワーキングメモリを鍛えよう | THE21オンライン

 

まとめ

現在までの科学では、ワーキングメモリーの学習転移しか提唱されていませんが、サッカーをやってる人の野球成長速度が早かったりと、遠い学習転移には夢があります。今後、偉い研究者が証明してくれることを待ちましょう。

 

www.ruiblog.work

www.ruiblog.work