ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

バイアスって何?現状から抜け出せない?そんなあなたはバイアスにかかっているかも

 

バイアスって聞いたありますか?

バイアスというのは、偏りや偏見のことを言い、意思決定の際に、十分に思考を巡らせないことによって、引き起こってしまいます。

バイアスにかかった状態だと、中々現状を抜け出す事が出来ませんし、物事に対して最善の選択肢を選ぶ事が出来ません。

ですが、このご時世、多くの人がバイアスにかかっています。炎上した人を寄ってたかって叩くのもバイアスが原因の1つなのです。

 

 

バイアスについて簡単に

f:id:ruichaosmyth:20190728200929j:image

人って、物事を選択する際に、情報を集めるのが面倒くさいがために、自分の過去や一部の小耳に挟んだ情報から、意思決定を行ってしまいます。

  • 大企業や公務員は安定である
  • ネットビジネスは怪しい
  • 努力しないと成功者にはなれない
  • 自分はおそらくまだ死なない

などなど、明確な根拠を見つけ出したわけでもないのに、著名人の発言1つに意思を誘導されていたり、「みんなが〜だから」と多数派の意見に信憑性を感じ取り、特にそれ以外のことを調べもせず、意思決定を行なったりする。これをバイアスというのです。

 

 

日常生活に結びつくバイアス4選

f:id:ruichaosmyth:20190728200944j:image

上記でも言ったように、バイアスには多くの人がかかっています。あなたも下記にあげるバイアスの例に当てはまっていた場合、見直した方がいいでしょう。バイアスは、自分の意思感覚をコントロールしてきて、正常な判断をできないようにする厄介ものですから。

 

①楽したいバイアス

f:id:ruichaosmyth:20190728201108j:image

楽をしたいと思えば思うほど、バイアスに陥りやすいです。この楽というのは、意思決定の際に、頭を使う作業をサボることを示します。

上記でも述べたように、「みんなが〜だから」と多数派の意見をとりあえず参考にしたり、「過去ではこうだったから今回も大丈夫だろう」と考えるのが面倒くさいがために、なんとなく過去に当てはめて自分を納得させてみたりする。これは、バイアスの典型的な特徴で、物事の本質を見極める力を失っています。

 

 みんなに合わせる心理を集団心理と言います。人生にマイナスをもたらす厄介者です

www.ruiblog.work

 

②自信過剰バイアス

自信というのは、気持ちが前向きになり、ベストパフォーマンスを発揮できるので、悪いものではないです。しかし、ちょっとした成功体験をしたがために、「自分ならなんでもできる気がする」など、根拠もない自信を生み出してしまった時が危険なのです。

ある分野で成功したから、自分はこの分野でも成功できると謎の自信を作り上げ、いざその分野に飛び込んだとしても、当然努力しなければ叩き潰されてしまいます。

株やFXなどの簡単にできる資産運用に多くの人が参入し、多くの人が叩き潰されているあの現象は、自信から起こるバイアスが原因だったのです。

 

③物事を長期的スパンで見ていない

バイアスというのは、基本的に、「意思決定の際に考えを放棄」することによって引き起こります。

人は、空間的、時間的に近くにあるものに対して、より魅力を感じてしまう生き物です。ダイエットしている人を例に取りましょう。

  • 3ヶ月後の理想的な体型
  • 今目の前にある美味しそうなケーキ

どちらが欲しいですか?と質問すれば、十中八九で1番が欲しいというでしょう。ですが、多くの人は、目の前のケーキを選んでダイエットを失敗してしまいす。

これは、バイアスにより、物事を長期的目線で見るということを忘れているからです。

 

ついつい目の前の欲望に負けてしまう。そんなあなたはこちらの記事を

www.ruiblog.work

 

④予想外のバイアス

  • 自分が死ぬのはまだまだ先だ
  • 大災害はいつか起こるかもしれないけど巻き込まれる気がしない
  • 宝くじなんて自分が当たるわけがない
  • 宇宙人なんて今後見ることないだろう

根拠はありませんが、起こる可能性が極めて低い内容に対しては、多くの人がバイアスにかかりやすくなります。だから、いきなり起こった災害に対しては、即座に対応することができないし、最善の選択を取ることもできません。

もし、予期せぬ事態に直面した時は、一度自分を見つめなおして、本当に取るべき手段はなんなのか考えて下さい。美談や綺麗さなど、意思決定の妨げになるような考えは全て捨て去り、最善の選択を導き出してください。

 

バイアスにかからないための対処法は?

  • 意思決定の際に思考をフル回転させること
  • バイアスについての知識をつけること

上記の2点を守るだけで、十分なレベルのバイアス対策を施すことができます。

 

バイアスの知識をつけることに関しては、トロント大学の研究で、30分程度の「バイアスに関する動画」を見るだけで、十分な対策をになります。ちなみに、動画を見る目的は、バイアスを理解することであり、すでに上記で、バイアスとはなんなのかを理解しているので、あとは、バイアスを避ける方法だけを学べば大丈夫です。

www.ted.com

また、「こんな動画見る時間ないよ!」って方は、バイアスを避けるテクニックを、下記の3つに圧縮し、3分程度で読める内容にしましたので、是非こちらをご覧ください。

 

①メンタルタイムトラベル

f:id:ruichaosmyth:20190728201025j:image

自分の将来は、このまま進めば悪いことが起こるであろうと想像するテクニックです。

人は、上記でも申したように、なるべく少ない情報で物事を判断しようとするので、自分に都合のいい情報だけを集めて、未来を楽観視しやすいです。

その結果、安易に投資や企業に手を出して、叩きのめされる人が多いのです。暗い未来を想像すれば、楽観した考えと混じり合って、より合理的な答えを導き出すことができます。

ちなみに、「私はダメだ、、」とネガティブなことを考えるのではなく、「このまま進むと失敗する。どう対策するべきか」というふうに考えてください。

 

②ストレスが多い時は決断しない

  • ものに強く当たってしまってる時
  • 他人に対して厳しくなっている時
  • 自暴自棄になっている時

こういう時は、通常の何倍もバイアス状態にかかりやすくなってしまいます。「ご飯を食べるかどうか」など、簡単な選択肢を行うのは構いませんが

  • どこの会社に就職するか
  • どこの銘柄の株を購入するか
  • 喧嘩しているパートナーをどう対処するか

など、今後の人生を左右する重大な決断を下す時は、絶対にストレスの溜まってる状態でしないでください。

 

 ストレスについてもっと詳しく

www.ruiblog.work

 

③数字の決定をする時は2人の自分に見てもらおう

  • 旅行代や結婚式代など大きなお金を動かすとき
  • 会社の見積り書を作成する時
  • これから1日何時間の勉強をするか時間を決める時

このように、数字が関わる決断を下す時は、なるべく2人の自分にチェックしてもらうことが望ましいです。

どういうことかと言いますと、まずは通常通り数字を決定し、決定したデータだけを取って置きます。そして、数日後に、初日に決めたデータは一切見ずに、再度数字を決定し、決定し終えたら初日のデータと照らし合わせるのです。

  1. 初日:通常通り数字を決定
  2. 数日後:初日の決定を見ずに、今の考えで数字を決定
  3. 初日と数日後の決定を照らし合わせ合理的に判断する

ちなみに、自分と他人の意見を照らし合わせるのもいいですが、他人は気を使って本音を言えないことが多く、自分2人の意思決定の方が、より合理的な判断を下すことができると証明されています。

 

まとめ

この記事を読んだあなたは、もうバイアス対策はバッチリです。ただ数カ月、半年と時が経てば、だんだんバイアスにかかってしまうことがあります。そんな時は、またバイアスについて再認知するのがいいでしょう。

そして、現代の日本人の多くはバイアスにかかっていて、そのことに気づいてもいません。大切な人が、バイアスにかかっていたら、是非この記事を紹介してあげてください。その人、自分の幸せのためです。

 

 カバートアグレッションって知ってますか?

www.ruiblog.work