ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

【有酸素運動の50倍!?】最近噂のSIT運動はとてつもない効果を発揮する代物だった

 

運動って様々なメリットを生み出すことはわかっていながらも、中々取り組む気になれませんよね。何せ時間を取られすぎる。

適度な運動をする為に、ランニングするにしても、ジムに行くにしても、最低30分以上の時間を取られてしまいますもんね。

そんなあなたにオススメなのが「SIT」

たった4分の取り組みで、45分の有酸素運動に匹敵する効果が期待できるのです。これを機に、是非取り入れてみましょう。

 

 

 

そもそもSITって何?

twitter.com

「SIT」とは、スプリング・インターバル・トレーニングのことです。

全力で運動→インターバル→全力で運動

と繰り返して行くのです。もちろん時間は極短時間で構いませんが、運動タイムは己の出せる力を全て出し切る勢いでやってください。

 

SITのやり方 

 

youtu.be

20秒全力運動→10秒休憩

を8セット繰り返すだけで完了です。

 

メニューが分からなければ、動画の動きを真似してみてもいいですし、下記のような、実際に私が実行しているメニューを真似するのも良しです

・パンチ連打

・腕立て

・仰向けで足バタバタ

・バービージャンプ

これらを全力で各2セットずつこなします。

 

バービージャンプのみでもオッケー

 

twitter.com

さらに、覚えるのがめんどくさい!って人は

バービージャンプ20秒→10秒休憩

を8セット繰り返すだけでも高い効果が期待できます。

 

twitter.com

 

きついかもしれませんが、それだけ達成感もあります。さらに、休憩も含めてたった4分で終わるので誰でもこなせるはずです。

 

 

SITは超効率的

twitter.com

「SIT」が本当に、有酸素運動の何倍も効率が良いものなのかを、マックマスター大学の研究チームが調査いたしました。

 

健康な男性25名を対象とし、3つのグループに分かれてもらいます。

A 10分のSIT運動(2分アップ→20秒全力→2分ダウン→20秒全力→2分ダウン→20秒全力→3分ダウン)

B 50分の有酸素運動(ウォーキングなど)

C 何もしない

そして、それぞれ12週間継続してもらいました。すると、AとBは下記のような様々な効果が現れました。

・心肺機能20パーセントアップ

インスリンが減るなど生活習慣病と無縁に

・筋肉量は増え、脂肪は落ちた

・気持ちが前向きになった

などなど様々な効果が見られました。でも、ほんとに驚くことはここからです。

 

AとB、同等の効果が得られたと言うことは

10分のSIT運動=50分の有酸素運動

であったと言うことです。

 

さらに、SIT運動の中で全力で動いたのはたった1分間のみ。要するに、SIT運動は、有酸素運動に比べて50倍もの効果が期待できるんです。

 

 

運動による効果はたくさん

f:id:ruichaosmyth:20190722215704j:image

SITで50倍も効率を上げて運動効果を引き出せることがわかりました。では、運動することにどのようなメリットがあると思いますか?

 

twitter.com

twitter.com

 

 

運動することによって現れるメリット

・糖尿病や動脈硬化など生活習慣病を予防

・肌が若返る(アメリカスポーツ医学会発表)

・ダイエットになる、筋肉が付く

・メンタルが改善される

・事務等の作業効率が上がる(認知機能も上昇)

鬱病の治療にもなる

 

運動のメリットは挙げていくとキリがないくらい存在します。運動は、心身ともに恩恵を受けることができる優れものなのです。

 

運動は、今悩んでいる全てのことを前向きに運んでくれますから、とにかく試してみて下さい。

 

まとめ

f:id:ruichaosmyth:20190722215715j:image

時間がない人も簡単に運動することができるSIT。たった4分でできる優れものですから、これを試さない手はないでしょう。

ちなみに、SITは心肺機能に強力な負荷をかけますので、週3回程度に抑え、ほどほどに取り組むようにしましょう。運動の恩恵を受け始めれば、運動が好きになりますよ。

 

 

 人生を短期間で変えたいあなたへ

www.ruiblog.work

 先延ばしにしてしまうあなたへ

www.ruiblog.work