ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

【永久保存版】6時間以下の睡眠は2日間寝てない状態と一緒ってほんと?睡眠問題の核心に迫る

 

 

6時間以下の睡眠を毎日続けていると、精神と身体能力は2日日間寝ないで過ごした場合と同程度まで低下する

「月曜から夜更かし」によって公表されたこの情報は、瞬く間にツイッターで情報拡散されていきました。

 

twitter.com

twitter.com

 

 

様々な声が飛び交っていますね。

そこで、睡眠をテーマに考えてみると多く疑問が生まれてきますよね。

・日本人はどれくらい眠っているのか?

・本当に必要な睡眠時間はどのくらいなのか?

・睡眠をどれくらい削るとどれくらいの悪影響が出るのか?

などなど。この記事では、睡眠において知っておきたい情報を徹底解説していきます。

 

 

 

 

みんなの睡眠時間はどのくらい?

f:id:ruichaosmyth:20190711222318j:image

総務省統計局がH28年に行った調査によると

土日を含めた週の平均睡眠時間は7時間42分

であるとことがわかりました。

また、平均通勤時間が長いほど、平均睡眠時間が減少するということもわかりました。

 

日本人は睡眠が足りていないと言われる割には、案外眠っている気もしますよね。

 

世界と比べた日本

世界主要国29ヶ国の平均睡眠時間をみると日本人は28位と、全然睡眠が足りていないことがわかります。1位との差は、なんと1時間半も格差がありました。

 

これを見ると、日本人が以下に睡眠に対して、低い意識を持っているかがわかりますよね。

 

必要な睡眠時間は?

f:id:ruichaosmyth:20190711222405j:image

必要な睡眠時間って年齢によって差があるんです。

例えば赤ちゃんは、1日15時間程度

小学生になると10〜11時間

中高生は8.5〜9.5時間

18歳では7〜9時間

それ以降は10年毎に10分ずつ短くなっていきます。

 

こう見ると、平均睡眠時間では、睡眠足りてるじゃん!って思う方もいるかもしれませんが、

あくまでも平均で、ギリギリなので、おそらく半分以上の方は、睡眠が足りていないのが現状だと思われます。

 

理想的な睡眠時間の研究

この研究が冒頭で述べた「月曜から夜更かし」のデータになります。

ペンシルバニア大学とワシントン大学が理想的な睡眠時間について研究したデータがあります。

この研究では、健康的な男女48人の睡眠を2週間追い続けます。そして、被験者は下記の4つのグループに分かれてもらいました。

A 毎日4時間睡眠

B 毎日6時間睡眠

C 毎日8時間睡眠

D  3日間眠らない

 

まず、8時間睡眠をとっていたCグループは、認知機能、運動能力、注意力に、実験終了まで低下が見られませんでした。

しかし、6時間睡眠をとっていたBグループは、2日目以降の全く寝ていないDグループと、同レベルで機能低下が見られたのです。

 

この結果には驚きですよね。ですので、睡眠時間を削って勉強したりしても、次の日は全然勉強できないような状態になりますし、記憶定着もしませんので、本末転倒になります。

 

睡眠不足による悪影響

f:id:ruichaosmyth:20190711222421j:image

睡眠時間が減ると、様々な機能に低下が見られるので、いろんな悪影響が出てきます。箇条書きで並べていきましょう。

・6時間睡眠の人は7時間以上睡眠をとる人に比べて4.2倍風邪をひきやすくなる

・脳の縮小によって、毎年0.67パーセントずつ、認知機能が低下していく

・質の悪い睡眠でも、判断力が低下するリスクが50パーセントも上がる

・6時間未満の睡眠は、死亡リスクが2.5倍まで跳ね上がる

・新陳代謝が悪くなり、体重が増加する

 

などなど、様々な悪影響が現れるのです。これは、睡眠不足によって、免疫機能低下や脳に害を与えてしまうことが原因であります。だから、睡眠時間を削っても、なんのメリットも生まれず、無駄な努力になってしまうのです。

 

簡単に眠れる睡眠方法

f:id:ruichaosmyth:20190711222451j:image

睡眠の大切さはわかったかもしれませんが、今まで1時、2時に寝ていたような人が、8時間睡眠を確保するために22時に眠るのは、簡単ではないでしょう。

また、そもそもベットに入っても中々寝付けないという人もいるでしょうから、心理学研究により証明された、睡眠に役立つ最強のテクニックを伝授しましょう。

 

最強のテクニック

・起きる時間を固定する

・昼寝は適度に

・寝る30分前には携帯を手放す

 

まだまだテクニックはあるのですが、一気に何個も言ったところで、頭に入らないと思いますので、まずはこの3つを試してみてください!

特に、起きる時間の固定と、寝る30分前にスマホを手放すだけでも、かなりの効果が見込めます。

 

スマホは枕元にあると、ついつい手にとってしまうと思うので、手に届かないところに置いてください。なんなら、棚の奥にしまったり、他人に預けてもいいですね。

 

 最強の睡眠方法について詳しくはこちら

www.ruiblog.work

 スマホから離れられない?

www.ruiblog.work

 

 

まとめ

睡眠をしっかり取らないと、風邪は引くし、頭はぼっーとするし、死亡リスクも増大するしでいいことなんて1つもありません。

・人生を楽しみたい

・周りに負けないように勉強したい

・趣味に没頭する時間が欲しい

いろんな願望があって睡眠を削ってしまうと思いますが、そこを我慢して、その日はしっかり眠る。そして、次の日最高のパフォーマンスを繰り出せばいいのです!

 

 睡眠の豆知識も頭に入れておこう

www.ruiblog.work