ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

運転中に性格が変わる?日常生活に結びつく心理学4選を徹底解説

 

心理学って日常生活に結びつくことが多く、知識を得るごとに、気づきも生まれ、物凄く楽しめるものです。

今回は、日常生活に結びつく心理学4選を準備致しました。

明日1日、心理学の小ネタを意識しながら生きても楽しいでしょうし、友人や恋人に情報を共有して楽しむのもいいかもしれません

 

 

 

運転中に性格が荒くなる人

f:id:ruichaosmyth:20190627231148j:image

運転中は車を使うことによって、自分が出せる力の数十倍、数百倍の運動エネルギーを、自らの手によって操ることができます。

そこで、錯覚してしまう人がいるのです。自分自身がパワーを手に入れ、強い存在になったのだと。

 

人間は、自分より力を持ってる人間にはかしこまることが多く、反対に自分より下だと思ってる人間に対しては、横着な態度を取るの割合が高い傾向にあります。

よって、スーパーパワーを手に入れたと錯覚した人間は、運転がトロい人間などに対して、「自分より下の人間が面倒な運転してる!」などと錯覚し、他人に対して攻撃的になり、調子になるのです。

 

運転中に気が荒くなる人の対処法としては、車から引き剥がしてやるのが1番効果的でしょう。そういう人は、錯覚を起こしでもしないと、周囲に物を言うこともできない人が大半ですから。

 

 関わらない方がいい人の特徴です

www.ruiblog.work

 

酒を飲むと性格が凶変する

f:id:ruichaosmyth:20190627231422j:image

日本人は特に集団を意識する傾向が強く、周りに合わせてしまう傾向があります。だから、本当の自分の性格が周りと違っても、普段は周りに性格を合わせて生きているのです。自制心によってしっかりコントロールしてるんですね。

 

しかし、お酒が入ることによって自制心というものは徐々に弱くなっていきます。その結果、本当の自分の性格が現れてしまうのです。

 

お酒を飲んで楽しくなってくれるような性格の方とは、これからも存分に仲良くするのが良いと思いますが、暴力を振るったり、極端に悪口が増えるような人間には注意が必要です。

 

なぜなら、それがその人の本当の性格であり、あなたと今後付き合っていく中で、通常の状態でも、だんだんその性格が外部に出始める可能性があるからです。自分にとって、有益な人間かどうかをしっかり見極めましょう。

 

 

生理的に受け付けない相手

f:id:ruichaosmyth:20190627231453j:image

大半の人が生理的に受け付けないような性格を持ってる方は、今回除外します

・綺麗にできる環境にいるのに綺麗にしない、清潔さが極端にかける人

・不幸になるようなことしか言わず、時には攻撃的にもなる人

・常に自分を第一に考えていて、周りの話なんて聞かず、とにかく自己中な人

 

などなど、こういった人々は、多くの人が生理的に受け付けないと認めると思います。ところがたまにいませんか?万人に受け入れられないような性格を持ってるわけじゃないのに受け付けない人。

 

これは、自分の本当の性格が関係してるんです。人は、周りとの関係を良好に保つために、自分の本当の性格を隠しながら、偽りの性格で生きている人がほとんどです。まあ、思ったことをバンバン言ってるようじゃ、当然人付き合いが難しくなってくるので仕方ないのですが、、

 

今回の原因でもある本当の自分の性格なのですが、この性格を表にさらけ出している人を見ると、何故か敵視しています。

これは、今まで自分が隠し通してきたものを表に平然と出すことができる羨ましさや、自分の隠してる性格がバレてしまうかもしれない焦りなどから、脳が嫌な奴だと判断してしまうのが原因です。

 

生理的に無理だ、という人は自分の心の奥底に眠る性格が投影されたような人間かもしれません。人を無駄に嫌うのは良くないですから、今一度分析し直してみて下さい。

 

 人に嫌われたくないあなたへ

www.ruiblog.work

 

限定品にすこぶる弱い

f:id:ruichaosmyth:20190627231551j:image

・日本ででたった10個しかない品物

・10000もの在庫が飛ぶように売れた、残り3点しかない商品

・今だけ、もう二度手に入らない期間限定の商品

 

上記のフレーズを見ると、特にどんな品物かも見ていないのに、あなたは価値を感じてしまったのではないでしょうか。

今まで生きてきた中で、自覚症状がある人が大多数だと思いますが、人は限定や希少性に物凄く弱いのです。

 

これには、

・今しか手に入らないという不安

・残りが少なくなったのを見て、周りも認めるような商品だと認識

・少ない情報から物事を判断しようとする人間の特性

などの心理効果が同時に働いているのです。外部要因によって、人間の判断力というのはとてつもなく鈍らされてしまうものでありますから、ついつい手が出てしまうのも仕方ないのかもしれません。

 

対処法はどうしたらいい?

まずは、人間が限定や希少品に対して弱いということを認識し、頭に刻みこんでおくことです。こうするだけでも、いざ商品を目の前にした時にリミッターになってくれます。

 

さらに、自分ルールを決めておくことが有効です。

服は値段を見らずに自分が気にったものだけを買う!

といったようなルールです。簡単なルールにしておくことで、自分自身にも強く定着しやすく、より効果的になるでしょう。

 

まとめ

 

・運転中の気変わり

・お酒での変貌

・生理的に無理

・限定に弱い

今回は、上記の4点の心理学を学びましたね。今後の生活で少し意識しながら生きてるだけでも、こういう性格の持ち主をすぐに見つけられると思います。

また、意外と多くの人に当てはまるので、話のネタにもなるでしょう。学校で、恋人と、職場で、機会があれば話題にしてみるのも面白いかもしれません

 

こちらも日常的な心理が潜んでます

www.ruiblog.work