ホワイト心理学って何?

ホワイト心理学とは、日常生活をより良いものにしてくれる心理学知識のことです。当ブログでは、よりわかりやすいに心理学を噛み砕いて説明しています。時間が5分とあれば立ち寄って損はしませんので、上記をクリック!

他人が尽くしてくれるテクニック5選 実は助けてもらうことはメリットだらけだった

 

好きな人ができた時は、どうしても相手に尽くしてあげたいという感情が湧き出てきますよね。でも一方的な尽くしは関係を破綻させやすいのです。

 

良好な関係を保つためには、お互いに支え合う関係がベストであると心理学の研究で出ています。

 

 

 

 

お互いに支え合う関係

f:id:ruichaosmyth:20190616175528j:image

片一方が尽くしていた場合

尽くした側の人間は、自分はここまで相手に尽くしているのに、相手は何もしてくれない。と時間が経てば不満に思いはじまるようになります。

 

逆に尽くされ続けた人間は、相手に助けてもらってばかりで申し訳ないという感情と、自分は何もしてあげられない残念な人間だ、という感情がどんどん強くなっていき関係を悪化させてしまいます。

 

ですが、お互いに支え合うような人間関係であれば、長期的なスパンで見た場合、良好な関係を築けやすいということなのです。

 

尽くされる人間のメリット

お互いに支え合う関係は、長期スパンで見た場合に有効ですよね。ですが、仕事や短期的な付き合いの場合、相手に尽くされるだけでも様々なメリットを生むことが心理学の研究でわかっているのです。

 

尽くされるメリット

・異性から好意を持たれる

・嫌な上司と仲良くなれ、仕事を手伝ってくれる可能性が上がる

・お願いが通りやすくなる

・相手が自分に尽くしてくれやすくなる

簡単にあげてみましたが、尽くされるだけで物凄く快適な人生を歩むことができるでしょう。

 

尽くされるテクニック5選

f:id:ruichaosmyth:20190616175553j:image

尽くされるのが最強なことはわかりましたが、相手に助けられるには、どうしたらいいのかなんて、なかなか思いつかないですよね。

でも安心して下さい。今回は心理学を分析した、尽くしてもらえるテクニックを準備してます。

 

・相談を持ちかける

・自分の仕事量をアピール

・嘘でも相手を褒める

・先になにかを与える

・急に黙りこむ

これら5つが尽くされるテクニックです。順に解説していきましょう。

 

相談を持ちかける

相談を持ちかける内容は、相手の得意分野であることが望ましいです。仕事の上司などであれば、仕事について聞くのがいいでしょう。

 

そうすることで、相手は自分が社会的存在価値があるものだと認識し、気分が良くなります。これは、人間が本能的に持っている欲求のせいであり、自分を認めて欲しいという欲求のせいです。

 

さらに、脳が無意識的に勘違いを起こし、あいつを助けたから気分が良くなったんだというふうに認識し、相手は自分のことを好ましく思うようになります。結果として相手が自分に尽くしてくれるようになるのです。

 

 相談のための会話が苦手な方

www.ruiblog.work

 

お礼の付箋も効果大

相手に何か教えて持った時や、何かを貸してもらった時、些細なことに対してでもお礼の言葉を一言添えてあげるだけで、絶大的な効果を発揮してくれます。

 

自分に例えたらわかりやすいですが、お礼を言われた時って心がいい気持ちになりますよね。さらに付箋であれば、何度も見返すことができ、何度もその気持ちになります。

気分を良くしてくれた相手には、尽くしてやろうと思うのが人間の本能なのです。

 

 

自分の仕事量をアピール

f:id:ruichaosmyth:20190616175618j:image

頑張ってる人って何故か心を惹かれてしまいませんか?そうなんです。あなたを含む大多数の人が本気で頑張ってる人に心を惹かれやすいのです。

もし、頑張ってる人を見ても心を惹かれないのであれば、それは嫉妬をしているか、相手が頑張ってるフリをしてるからです。

 

この手法は、人が頑張ってる人に惹かれるのだから、周りから見て頑張ってるフリを上手くやろうと言うものです。

頑張ってるあなたを見た周りの人間は、あなたを助けてくれるようになります。また、一度助けてくれたら、人間って自分の評価が下がるのを嫌うから、ずっと助けてくれるようになります。

 

できれば本当に頑張った方がいい

今回は、手法だから頑張ってるフリをしろと言いましたが、タスクを共同でより早く終わらせたいのであれば、自分も本気で頑張ることが大事です。

その姿を見た相手は、当然に刺激されますから、タスクをこなす速度が何倍も早くなるでしょう。

 

 

 仕事効率に自信がないあなたへ

www.ruiblog.work

 

嘘でも相手を褒める

人間は、心の奥底ではお世話であっても褒められたら嬉しいと思っています。

・あなたと話していたら本当面白いです。常に笑いが絶えません

・あなたってほんと綺麗ですよね。辺りを一周見渡してもあなたが1番輝いてます

・あなたって良く頑張られてますよね。あなたみたいな努力できないので尊敬します。

 

どれをとっても少し気分が良くなりませんでしたか?誰にでも言ってるような言葉でも言われたら嬉しくなるものです。

こういう言葉をかけてあげて、自分といることで相手は楽しい気持ちになれると錯覚させてあげるのです。そうすれば自分を気に入ってくれるようになりますから。

 

ただし条件があります

お世辞をお世辞として終わらせてはいけませんよ。あくまでも、私は本心で言ってますという設定にしないとダメです。

 

褒められた相手は、そんなことないですよ〜と否定してくることがほとんどだと思いますが、その返答は、否定を否定する解答でなければいけません。

簡単に言えば、相手を美人とお世辞で褒めたのであれば、最後まで相手は自分の中で美人として貫きましょうと言うことです。

 

先に何かを与える

f:id:ruichaosmyth:20190616175710j:image

相手から尽くしてもらうためにも、最低限のことはしなくてはいけません。そして、もっとも簡単なのが、相手に対して先に何かを与えるというものです。

 

心理学の実験では、先にものを与えた場合、その5倍のリターンが返ってくるという研究結果があります。5倍ですよ?どんな投資先よりも数値がいいですから、頭のいい人は今すぐ試すべきだとわかるでしょう。

 

・少し相手の仕事を手伝う

・ガム1つレベルでお菓子を毎日あげる

・先に挨拶をする

こんな感じで大丈夫です。

 

急に黙りこむ

これは、番外編のようなものなのですが、人と人が気分良く話していた時に、相手が急に黙りこんだりすると、自分って何かしたのかな?って不安な気持ちになってしまいます。

 

この不安な気持ちを利用するのが、心理学パフォーマンスの原理の1つなのです。

という豆知識は置いといて、不安な気持ちになった相手は、自分がこの場の空気を壊してしまったんだと勘違いし、積極的に優しくしてくれるようになります。

 

優しくされた後に、自分が通常通り話し始めれば、相手は下がった気分からまた気分が良くなるので、自分と関わることで気分が良くなったと錯覚します。ここで、相手が自分に尽くしやすい関係が出来上がるのです。

 

まとめ

仕事、学校、部活動、ママ友、人間関係が大変な時代になったものです。ですが、この相手が尽くしてくれるテクニックを使うだけで、今までの苦痛がどこかにふっ飛んでいくでしょう。

すぐにでも実践出来るようなテクニックですし、失敗しても失うものもないですから、現状に不満がある方は是非試して見てください。

 

人間関係には気を付けて

www.ruiblog.work